Twitterで勝手につぶやかれたら? by なおったー。

Twitterのユーザーは日本でも170万人を越え、80人に1人以上がTwitterユーザーという計算になります。
各国の首脳陣が使用している話は有名ですし、日本でも政治家やタレントが使っていることが話題になることもあります。
最近ではTwitterを背景にしたドラマが放映されるなど、まさに社会現象のひとつとなっています。

残念なことに、
これを逆手にとって、反社会的な行動を取ろうとする輩も少なからずいるようで、その被害は軽視できないレベルに達しています。

先日公開した「なおったー」では、twitterの機能「ダイレクトメッセージ」を媒介して、
Twitterのアカウントに簡単に感染してしまう「スパムダイレクトメール」の存在とその対処法を紹介しました。

今回は、更なる脅威が、Twitterだけではなく、使っているパソコンにまで影響を及ぼす可能性が高まってきたため、
被害にあう前にやっておける対策から、被害にあったときにどうすればよいかまで、
その背景を中心に、広く対処法を紹介していきます。


★スパムの定義〜スパムとは何ぞ?
      

ここで、今一度、何をスパムと判断するか、「スパム」の定義を改めて確認しておきます。

当サイトでは、

・アカウント(ID)所有者が意図しないタイミングで
・アカウント(ID)所有者が意図しない相手に
・アカウント(ID)所有者が意図しない内容を

発信し、さらにその情報を受け取った(見た)人の操作によって、これが複製・増殖・拡散を繰り返していくすべての、

・つぶやき
・ダイレクトメッセージ
・プログラム、アプリケーション
・WEBページ

などをスパムとして取り扱います。

自分が意図しない何かが起きている時点で異常なので、この定義は分かりやすいと思います。


★スパムの近況
      

Twitterは世界規模のサービスなので、英語を使う人口比率からして、スパムの多くも英文で広まる傾向が強いです。
日本においては、英文を使用する人をフォローするユーザーの絶対数がとても低いので、
いずれのスパムも、海外(英語圏)で騒ぎになってしばらくしてから上陸する傾向にあるようです。

スパムダイレクトメッセージは、「ダイレクトメッセージ」で拡散を目的とした文面が送信されてくるものの、
あくまでも「ダイレクトメッセージ」のため、被害はある意味限定的でした。

「なおったー。」でも紹介しているように、「ダイレクトメッセージ」はメールではないので、
ウイルスに感染したファイルを添付されてくることもありません。

そもそも、スパムダイレクトメッセージを作った本人が、何が目的なのかを想像すると、
実に多くの可能性が考えられますが、大きく分けて以下の3つです。

 @愉快犯
  〜自分の作ったプログラム、WEBサイトなどによって、世間を騒がせることが目的

 AWEBサイトへのアクセス数アップ
  〜より多くの人に、特定のWEBページにアクセスさせることが目的

 Bコンピューターウイルスへの感染
  〜ユーザーのパソコンなどにコンピューターウイルスやスパイウェアを感染させることが目的

しかし、
「ダイレクトメッセージ」という、不特定多数ではない連絡(通信)手段の枠を出て、
自分のタイムライン(つぶやきとして一般に公開される場所)にも、
意図しない内容が投稿される事例が目立つようになってきました。

これも、上の@〜Bのすべての目的が考えられますが、
ユーザーやTwitterのシステムに、もっとも大きな影響を与える危険性が強いのはB。

コンピューターのセキュリティなどに注意を払っている人なら記憶に新しいところで、
WEBページの改ざんおよび感染を促したウイルス(通称:ガンブラー)が世間を騒がせたことがありました。

このような、訪問者に損害を与える仕掛け(ウイルスなどの埋め込み)をしたWEBページのリンクを
タイムライン上に流すことで、それを見た別のユーザーの何パーセントかがURLをクリックしてしまう。

このクリックをした人が、もしもパソコンのセキュリティーを何も考えていない人であったら。
まんまと餌食になってしまうわけです。

 ⇒そもそもコンピューターウイルスって、何?
 ⇒ウイルス対策・ウイルス対策ソフトとは?

ここで、少し首をかしげる人もいると思います。
誰かがウイルスなどに感染したWEBサイトのURLを含む文字列をつぶやいたとしても、
それを無視すれば、または「ブロック」すればよいのではないか、と。

これを含めて、次の対策の項目に進みます。


★対策
      

英文スパムダイレクトメッセージによる外部アプリへの不本意な許可によって
自身がダイレクトメール大量送信者になってしまう被害については、
先日まとめた「なおったー。」を参照してください。

さて、Twitterも、インターネットを介して提供され、使用するサービスですから、
他のインターネット上のサービスと同じように注意して使用する必要があります。

 コンピューターウイルス
  新しくパソコンを買ってきて、何も考えずにLANケーブルをつないで電源を入れて見ましょう。
  ものの10〜20分で、早ければ2〜3分で見事、何らかのコンピューターウイルスに感染します。
  無線LAN接続でももちろん同じです。
  コンピューターウイルスはインターネット上のあらゆるところにあるものです。

 不明なURL
  Twitterで誰かのつぶやきに含まれるURL、思わず気軽にクリックしてしまいがちです。
  そのURLをクリックするとコンピューターウイルスを埋め込まれたWEBページが開くかもしれません。
  ダイレクトメッセージの中のURLも同じです。

これらの対策には、セキュリティー対策ソフトの導入が必須です。
パソコンを買ってきてすぐにウイルスに感染するのは、セキュリティー対策等を何も考えずに、
ただインターネットに接続しているだけの人がいるからです。

もしもあなたが何もセキュリティー対策をせずに単にインターネットに接続するだけなら、
あなたに感染させた人と同じように、インターネット上にウイルスをばら撒き続ける存在になるのです。

さて、これでウイルス対策は整いました。
次に、なおったー。でも書きましたが、実生活で知らない人についていかないのと同じように、
知らない人からのURLを簡単にクリックしないことが大切です。

そこで、

@自分が理解できない言語とともに記載されたURLをクリックしない。

A普段とは違う言語に続けてURLをつぶやいていたら、このURLもクリックしない。

B日本語で紹介されたリンクでも、その先でTwitterのIDとパスワードの入力を求められたり、
 「承認」や「許可」のボタンを押すページが出たら、それを入力・クリックする前に良く調べる。
 調べる気力がなければ今回は見送る。
 ※Twitter上にURLを貼り付けて、これはなんでしょう、という質問をするのはやめましょう。
  それを見た人が何も考えずにクリックしてしまうと元も子もないわけです。


@やAは見かけで判断できますが、Bのように、その場では判断がつきにくい場合もあります。
その名称を検索エンジンで調べれば、スパムであれば大体が海外製で、
既に英語圏では蔓延しているケースがほとんどと考えられますので、
何らかの情報はつかめるでしょう。

この3点を守れば、ほぼすべてのTwitter上の脅威に晒されることはありません。

私たちが外をまっすぐに歩いていても交通事故にあう可能性が否定できないように、
インターネットの世界でも「絶対に安全」ということはありません。

ただ、道を歩くときに歩道を歩いたり、夜にはヘッドライトをつけて運転するように、
簡単な工夫をするだけで安全性は格段に高まります。

先ほど「★スパムの近況」の最後のほうに書きましたが、
誰かのつぶやきやダイレクトメッセージが、あなたのアカウントをスパムの大量送信者に仕立て上げたり、
あなたのパソコンをコンピューターウイルスに感染させるようなURLを含んでいたら、
もしもそれが事前に分かればそのアカウントをブロック、そもそもフォローしない、ということが可能です。

もう分かりますね。

外部アプリを不用意に許可したり、求められるままにユーザー名やパスワードを入力しててしまうと、
これまでは不特定多数にダイレクトメッセージを送るだけでしたが、
最近では、ウイルスを埋め込まれたりしたWEBページへのリンクを
あなたのつぶやきとしてタイムライン上に発信されてしまうケースが出てきているようです。


ダイレクトメッセージの場合は、自分が送信したものは目にする機会が少ないので気づき難かったですが、
その点、WEBからtwitterにアクセスしている人は、
自分の直前のつぶやきが、入力欄の直下に示されるため、
意図しないつぶやきに気づきやすいかもしれません。

いぜれにせよ、 「プロフィール」のページから意図しない発言を削除するだけでは解決には至りません。
「設定」ページ内上部の「連携アプリ」の中から、覚えのない連携アプリの許可を取り消す必要があります。
その上で過去の不本意なつぶやきを削除しましょう。




 ⇒Twitterでもしもスパムを食らったら?
 ⇒Twitterで勝手につぶやかれたら?
 ⇒そもそもコンピューターウイルスって、何?
 ⇒ウイルス対策・ウイルス対策ソフトとは?

※当サイトはリンクフリーです。当ページへの直リンクでもかまいません。※
スパムの対策を含め、Twitterでみんなで盛り上がることはうれしいことですので、
Twitter上では、私のアカウント、HPCherokerをフォローしてくれた人にはフォローをおかえしします。
ただし、日本語以外の呟きが大多数の方、BOTなどはこの限りではありません。
自由であるべきつぶやきは、いつも楽しいものばかりとは言えませんが、自然なものであってほしいですね。
製作:2010/06/12 最終更新:2010/06/12


トップページははこちら。
HPCheroker

当ページはtwitterの公式サイトではありません。相談・質問はTwitter上でどうぞ。
HPCheroker on Twitter
なおったー。