〜Fドア内臓スピーカーの交換[DIY]〜
2006/07/01

先日のミラー交換の際に、(必要も無いのに)ドアを随分深く掘り返したら、

と、このようにスピーカーがボロボロ。
オーディオのバランスも右よりに調整していたが、
デッキや聞き手の位置のせいではなく、こいつのせいだった。
というわけで、スピーカーを買います。
さて、では何を基準に交換するか。

普通は音質、デザイン、値段の中で何に重点をおくか、
ということで各方面の妥協を最小限に納得いく範囲で調整して選ぶのでしょうが、
チェロキーは外車です。サイズが違います。
5.25インチのスピーカーなんて、
スーパーオートバックスにもイエローハットにもはたまた
中古カー用品店にもありませんでした(管理人調べ)。

そこでヤフオクで検索。一応あります。とっても高いのと、とっても安いの。
急遽購入を決めたのでそんなに高いものは買えません。
特に今は、そのうち高いアレを買おうと決めているし。

というわけで1円スタートのそれに入札。
1000円ぴったりくらいで落札。送料850円……。
写真で見る限り安っぽいそれは、音質は期待していないが、
コーン紙(振動を空気に伝える部分)が破れている私のものよりは良いでしょう。

異音に我慢できずに明日クライスラー水戸に入院する私のチェロキーだが、
手元に荷物が届いたらその場で装着する、が通例なのでやはり取り付け開始。




開梱したところ。やはり安っぽい。
でも、見るまで破れていることに気付かなかった私だから、
これを付ければ超高音質!と絶賛ずるに違いない。
10万円で購入したんだと自分に言い聞かせることに。



ちなみに、このスピーカーの形状はコアキシャルと呼ばれるものだ。
音は高音域・中音域・低音域などに分けられる。
バスドラムなどは低音域。
人間の声に近い領域が中音域で、
小鳥の声(鳥によるとか言う突っ込みは禁止)などは高音域。

スピーカーによっては、音を出すのに得意な音域があり、
低音域はウーハー、
中音域はミッドレンジスピーカー、
高音域はツイーター、となっているようだ。

このコアキシャルスピーカーは、
ミッドレンジスピーカーの前(上)に、ツイーターを搭載しており、
2つのスピーカーの仕事を、1ユニット内で完結している。

まず、スピーカーを装着するための加工が1箇所で済む、
配線が楽などのメリットがあるが、
私のチェロキーはツイーターが既に付いてるんだよね。
ま、気にしないで取り付けましょう。

というわけで、既存機と並べてみる。



右が新しいもの。左はスピーカーの向こうが見えている。
だめだこりゃ。良く音が出ていたなぁ。
交換するにあたり、端子の形状が違うので工夫をしないといけないようだ。

というわけで、改造しました。





車体側を改造したくなかったので、撤去スピーカーの端子を流用することに。
これでこのまままた車体に装着できます。
車体へはトルクス20サイズのネジ4本で固定します。
もちろん既存機の流用です。
取り付け写真は…ありません。





おしまい





当サイト内の文書・画像の一部または全部の無断転載を禁じます。
(C)yama 2006 all right reserved