〜ATシフトノブの交換[DIY]〜
2006/07/01


チェロキーのシフトノブを交換してみました。

F-15さんがATシフトノブを激安で手配してくださったので、ご好意に甘える事にした。
到着後早速装着したので取り付けレポをお届けします。

まず、ノーマル。
 
※配線処理が汚いのではなく、配線処理をしていないだけですm(_ _)m

※注↑
取扱説明書どおりに順番にパーツを仕込んでいくだけです。

できあがり♪

これはノブ全体を下方に押し下げてシフトチェンジをするタイプです。
これまでの親指で左に押し込んでシフトチェンジするのとは、
操作性が異なりますがすでに慣れました。

これまで左右に伸びていたグリップ部分がなくなったのでスッキリしました。
私にはシフトレバーが若干短く感じられたので、
上図のスプリングにノブ本体をかぶせる前に、
10円玉を7枚挟んで若干長くなるようにしました。

チェロキーの無骨なイメージとは若干異なるデザインですが、
操作性の変化を楽しんでいます。
スベスベの手触りも○です。
ウッド調にペイントしたり、ウッド柄を巻いたりすれば更にしっくり来ることでしょう。


追記:07/12/10
最近問い合わせを多く頂くので追記します。
※純正(標準)のシフトノブの外し方
シフトノブはネジなどで固定されているわけではありません。
上方に思い切り引っ張ると、ノブの握りの部分だけ外れます。
簡単な手順を以下に書いておきます。

@ 平らな地面でエンジンオフの状態で作業を開始する。サイドブレーキを必ず使用すること。
A ブレーキをしっかり踏んで、キーをONにする(エンジンはかけない)
B シフトレバーを「3」まで下げる。
C 左足を助手席足元、右足を運転席足元に踏ん張る。
肘掛ボックスはそれなりの強度のようで、メタボな私が座っても壊れなかったが、
これを見て座った結果、肘掛ボックス等が壊れても責任取れません。
D 前傾姿勢でシフトノブの左側を左手、右側を右手でつかむ。
E 腹筋に力を入れて手前上方(シフトレバーが伸びている方向)に引っ張ると外れる。
F そのままシフトには触らず、運転席に着座する。
G ブレーキを再びしっかり踏んで、
シフトノブが外れたシフトレバー中央に見える白い棒を押しながら、
シフトレバーをPに入れる。
H キーを抜く。

面倒でもこの手順をやらないと、
車体の個体差で強固に固着しているノブと、あっさり外れるノブがあり、
外したノブや、ノブをつかんだ手が顔面を直撃する話をよく聞きます。
以上、質問は随時♪





おしまい





当サイト内の文書・画像の一部または全部の無断転載を禁じます。
(C)yama 2006 all right reserved