〜Jeep PATRIOT
2007/08/25

Jeepブランドから新車種”PATRIOT”が発売された旨のDMが届いた。
JCMLのrudieさんご夫妻とともに、早速水戸クライスラーに行ってきた。



公道での試乗が出来なかったけど、撮影してきた写真を掲載しておきます。





結構彫りが深く、カタログなどの写真より実物ははるかにかっこええ。




ラジエターはサイドタンクはプラ製で、かしめてある。
私のXJは最近メタル製に換装したが、
新車もこの方式なのにはきっと何か訳がある・・・はず。


お尻はこんな形。
外装が全体的にけっこうかっこいいのよ。
ちなみにバンパーの下から覗いている、スペアタイヤに見えるブツは、
タイヤでもガソリンタンク…ではない。
右から排気口が「ニョキッ」と…!!
ちょいと驚きました。


ちなみにスペアタイヤは室内。
カーゴルームの底板を剥がせば簡単にアクセスできる。


カーゴルームね。トノカバーは標準装備みたい。


んで室内、リアより。


右ハンドルのこの車体のサイドブレーキ、
ちょっぴり見えてますがちゃんと中心より右側についてます。
日本市場(右ハンドルエリア)を大事にしてる証拠??


収納上手な機能。地味だが使い勝手はどうなんでしょうね。


助手席のドア。
左フェンダー下部分を確認する為のミラーの代わりに
左サイドミラー下部についているカメラの映像を、
助手席ドア内側のモニタに表示する仕組み。
最近のWranglerにも装備されているようで。


さて、どこまで踏み込む勇気がありますか。
私のXJはどんなに踏み込んでも200なんか出ませんが?


エンジンオイルは5W-20だそうです。





新車のエンジンルームってきれいだね。
あたりまえだけど。
ちなみにエアクリの前にバッテリーがあって、
グリルからの風はまずバッテリーを冷やしつつ、
エアクリに引き込まれることになるようだ。




お腹。腹黒いでんな。


こちらが場内限定の試乗車。
ストーンホワイトという色らしい。


試乗車のリアビュー。


ちなみにリミテッドはディープティンデッドガラス。


まとめ

写真を見るよりも実物の方が格好良かったのは意外。
機関や足回りの話はよく知らないが、
私のXJに比べれば、自分でいじるところが少ないようだ。

Jeepのかっこよさを認識して憧れながらも、
あと一歩踏み出せずにいる貴殿にこそ、
おすすめのJeepかもしれない♪
さぁさ、3000000円、ぽーんと。ほら、ぽーんっ…
17800円からローンが組めるようですよ。