〜名栗湖畔オフ
2006/08/12

デラホーヤさんが最近購入したホイルと同じホイルを私も購入した。
車というのはホイルを交換するとだいぶ印象が変わるもので、
前回2台を並べてたのは6月のJCMLオフ以来だったということもあり、

「いっちょ、お会いしますか」

ということになった。
せっかくなので当HPの常連さん達にも声をお掛けしたところ、

「もちろん参加するぞ!!」

とのお返事をいただきましたので、計4台で集まることになりました。

参加者(車):デラホーヤ号・武○号・いぬ吉号・山号

6月の高田橋では幹事をしてくださったデラホーヤさんですが、
今回もお願いしてしまいました。
いつもありがとうございます。幹事ご苦労様でした。

場所:埼玉県の名栗湖畔にあるキャンプ場

私は前日横浜にいたので、横浜在住のいぬ吉さんに先導していただき、
現地まで何も考えずに付いて行くだけだったのでとても楽チンでした。


こんなところも通りました:横田基地


先導ありがとうございます:いぬ吉号


今回の会場は名栗湖畔のキャンプ場


駐車場ではなくオートキャンプ場なので区画が広い♪


両側の二台が前方、中央の二台が後方に駐車。
車に囲まれた空間にタープを張りました。



手前の人は車に轢かれているわけじゃありません。


さて、何をしているのでしょう。


ここに新聞を敷いて…しかしマッチョですな。
特別出演:デラホーヤさんの腕


こいつを交換しているところです。


キャンプ場ですが、ちゃんと下にも新聞を敷いて、
万一お漏らししても良いように万全の体制です♪


デラホーヤさん、初めてのオイル(&フィルター)交換を、
いぬ吉さんの指南の元、無事に終わらせました。
今度は私にご教授願いますm(__)m


引き続き、デラホーヤ号いじりは続きます。

デラホーヤ号は通称「後期型」のチェロキーです。
前期型同様にヘッドライトの外側に縦長のコーナーマーカーレンズがあります。
本国(USA)仕様ではこの中にバルブがセットされて点灯するようになっていますが、
日本向け出荷分にはバルブをセットする為の穴すら開いていません。

デラホーヤさんはポジション球から分岐してきた線を、
このレンズの裏までは配線してあるのですが、
レンズ裏に穴がない為、バルブを点灯させても内部で空しく光るだけになってしまいます。
そこで、「どうやって穴をあけるのが最も効率が良いでしょうね」という会議が開催され、
結果、半田ごてで溶かしながら穴を広げると良いのでは?
という結論に達しました。

次の瞬間、いぬ吉さんが半田ごてを取り出してきました。
デラホーヤさん:「ここで…?」
私:「100V出せますよ〜♪」
デラホーヤさん:「まじ?」

というわけで、
上の写真はデラホーヤさんが私の車から100Vを引きながら、
いぬ吉さんの半田ごてでレンズ裏に穴を開けている図、です。

後で聞いたらいぬ吉さんも100V出せるそうな♪
インバーター、便利ですよ。
私のは安物なので150W(MAX300W)までの出力ですが、
高価なものは1500W以上出力できるものもあるようです。
車内でドライヤーが使えます。
エアコンや洗濯乾燥機も使えます(使いませんがね?)。すごいことです。

無事に穴を開け終えたレンズで、
ご帰宅後に点灯した状態の写真を投稿いただきました。


§今回の参加車紹介§


いぬ吉号&いぬ吉さん


武○号&デラホーヤさん


山号&武○号


奥から、デラホーヤ号・いぬ吉号・山号


お約束ですが、最後には並べて撮影しました。


幹事のデラホーヤさんの後期XJ
Friend's Carコーナーにデラホーヤ号はコーナー化されています。
この後期XJのデザインって、JEEPの最上位機(車)種である、
「ジープ・コマンダー」に通ずるものがあるような気がするのは私だけ?


帰路に立ち寄ったファミレスの駐車場にて。
4台とはいえ、一番奥の一列をJEEPで占拠すると流石に迫力あります。
注目を集めていました。



今回のオフミは広く告知をしたりしませんでしたので、
台数も4台と小ぢんまりとしたオフミでした。
そのため、現地で昼食を調理したりして時間を費やすよりも、
よりJEEP色の濃いオフミを楽しもうということで、
昼食は各自コンビニなどで購入・持参という形式をとりました。
狙い通り、JEEP・チェロキーのトークは途切れることも無く、
deepな時間をすごすことができました。

作業の合間合間に突然の暴風雨に見舞われましたが、
タープも完全に飛ばされることも無く(ペグは何度か飛ばされましたね♪)
JEEPも人も無事にキャンプ場を後にすることができました。

帰路に立ち寄ったファミレスでは、
駐車場の一角を占拠したJEEP軍が随分と存在感をアピールしていましたが、
台数分以上に駐車スペースを陣取ったわけではありませんので、
気になってシゲシゲと見つめていた他のお客さん、
気になってチラチラと視線をくれていた他のお客さん、
気になって裏から出てきた店員さん、
次回の利用時にもどうぞ、暖かく迎えてやってくださいませ。

このファミレスで解散となったわけですが、
往路、いぬ吉号に追従してきただけの私は、
横浜市内まではいぬ吉さんに追従でした。

朝方合流したポイントに程なく近いコンビニの駐車場でいぬ吉さんとの別れ際、
ついつい会話が盛り上がり、というよりも再燃し、気付けば22時…
このまま明朝までもチェロ話のネタは尽きないであろうことに気付き、
一月後の朝霧での再会を約束してお別れしました。
#このときはまだ、翌週もお会いすることになるとは、
#予想だにしていない二人でした…♪

最後になりましたが、デラホーヤさん、幹事ありがとうございました。
アウトドアならこの人に聞け!!的な存在ですね。
ご苦労は承知の上で、是非また招集かけてやってくださいませ。
茨城から馳せ参じます。




おしまい




当サイト内の文書・画像の一部または全部の無断転載を禁じます。
(C)yama 2006 all right reserved