〜車内ハイテク化計画[DIY]〜
2008/06/13


チェロキーというへんてこりんな車に乗り続けるには、
同好の士が集って情報交換したりするのが得策です。
JCMLもそういった目的で設立され、
私がJCMLに登録・参加するのはとても自然な流れだったように思います。

このJCMLもインターネットを介した集団ですし、何より時代はIT。とっくにIT。
我が家には何台かPCがありますよ。
職場に行くかばんの中にもPCが、実家にもPCを入れてありますよ。
私の周りには十分普及していると理解しています。

ただ………

そこそこ長い時間をすごすチェロキーに
なかなか楽しい時間をすごすチェロキーに
生活の中心になっちゃったチェロキーに
なんでPCが無いんだ?

という不満を抱えたまま、この日まで来ました。

2008/06/08、後期のXJチェロキーにお乗りのrudieさんと、
別の用事でお会いしました。
ぴ、PCが車載されている!!! い、イイ♪
しかもネットが繋がる!!!!
これはやるしかない!!!!!

というわけで、色々お話を伺うと、
助手席のシートレールに共締めして、
カメラなどを固定できるステーが売られているので、
それを利用して小型PCを設置できるようにしたとのこと。
それなら私にもできるかも♪
私:「真似しても?」
rudieさん:「あ、もちろんぜんぜんかまいませんよ〜」
むふふ♪

さて。ただ真似すると言っても、
私は車内に積んだPCも、宅内のPCも、
同じように動いてくれなきゃいやなのです。
計画を立てました。希望としては、

@ 一般的なPCをそのまま車載する。
A インターネットを利用できる環境を作る。
B CDの読み書きができる。

この3つが大前提でした。
@は、WindowsCEなどの機能制限・モバイル用に特化したOSではなく、
Windows2000やXPが普通に動くことを意味し、
Aは、使用した分だけ料金が発生するものではなく、完全なる定額制で、
Bは任意の情報をCD-Rに書き込みができる
ことを意味します。

センターコンソール(運転席と助手席の間の肘掛つき箱)を撤去して、
そこにPCを搭載、一番手間が少なそうです。
15インチや17インチのモニタは大きすぎるので、せめて10インチ弱の
D-sub15入力を受け付けるモニタを探さなければなりません。
更に、
PCでWindows2000やXPを走らせると言うことは、
特にシャットダウン時に「終了」動作をしなければなりません。
動作中に、車が目的地に着いたのでエンジンをOFFにした瞬間に
電源が「ぴゅ〜ん…し〜ん…」ではまずいわけです。
車内にもう一台バッテリーを設置し、アイソレーターなどを介して
エンジンルームのバッテリーから充電することにすると、
バッテリーが約10000円
アイソレーターも約10000円。
PCを車載できるかどうかわからない時点ですでに20000円も飛んでいくのです。
これは参りました。考えました。だいぶ考えました。

ではやはりノートPCならバッテリーもついているし、
エンジンを切った後からでもスタンバイやシャットダウンが可能。

ついで、インターネット環境について。
rudieさんはPCにe-mobileを装着して
定額制インターネットを使用できるようになっていました。
これはイタダキです♪
私の行動圏内は徐々に使用可能エリアに入っていっているようです。

関東


関東〜中部


中部〜関西


よし。これは使えるはずだ。
さて、ノートPCにしてe-mobileにすれば、とりあえずの満足を得ることはできるはず。
では、ノート中心のPCチョイスに入ります。
価格・サイズ・形・機能ともに条件に当てはまりそうなPC…
そうそうないだろうと思っていました。

ま、一番目に付くのがモニタでしょうから、
何なら外部も似た出力をしてしまえば、
本体なんかどこにおいてもいいのですから、
とりあえず家電量販店の店員殿に
私:「D-sub15を入力可能な10インチぐらいのモニタを見せてほしい」
店員:「ないっ!!」
私:「なに〜」
店員:「巨大化がはやりなもんで。」
私:「ガクッ…」
ちょうどそのやり取りの横がノートPCコーナーであった。
最近のノートPCは高いねぇ、相変わらず…と思ってよく見てみると!?

いくらなんでも安くね?


更に?
一瞬目がシバシバしましたが、e-mobileとのセット割引とわかって納得。
ん?ワタクシ、先ほどe-mobileを採用することを決定してませんでしたっけ?
この議案はお持ち帰りで要検討です。最重要課題になりました。
PC詳細を調べると、

メーカー  工人舎
モニタサイズ  7インチ
解像度  800×480ワイド
映像外部出力  D-sub15端子内蔵
OS  WindowsXP-home
CPU  Geode LX800
メインメモリ  512MB(DDR PC2700)
HDD  80GB
無線LAN  内蔵
USB2.0  2ポート
カードリーダー  SD/CF/MMC/MS

ま、これです。

久しぶりにムラムラワクワクしました♪
翌朝、私はe-mobileを申し込み、
午後にはPCの設定を一通り終えていたというのは
言うまでもありませぬ。

昨夜のうちに、だいぶ構想は固まってきていたので、
e-mobile申し込みの待ち間に、
家電量販店のPでグローブボックスのふたを撤去♪


グローブボックスのちょうつがいの部分の段差が邪魔なので、型紙を作り、


固めのスポンジで土台を作ろうとしたそのとき、

e-mobileが開通してお買い上げです♪
手持ちのUSBフラッシュメモリに入っていた音楽を直ちにHDDにコピー、
シガーライター部分に刺さっているFMトランスミッターで、
カーステから音が出るようにしました。

このまま100均に移動、
スノコとスポンジとその固定用品を買い、
おから突貫工事でこんな具合。


手前に滑落しないように、やはり100均で戸棚の取っ手とやらを購入、ネジ止め。


USB2.0が2ポートあるのだが、
今後外付けデバイスを大量に装着する気がしたので、
裏側にUSBハブを装着。


この時点で装着されているUSB機器は
キーボード・マウス・e-mobileモデム。


キーボードの色が気に入らなかったので、
翌日買いなおし。


マウスもついでに新調。


ダッシュボードの上においたままではキーボードを使いにくいので、
裏面にマジックテープのシールタイプのものを貼り付け。
あり合わせの流用なので、大きさが違うのはご愛嬌、どうせ誰も見えない。


サンバイザーのミラーカバーの布がはがれ掛けていたので撤去し、


マジックテープの片割れはこちらへ。


そうすると、こうなる。


ダッシュボードよりは使いやすいし、角度の調整も
サンバイザーの駆動範囲で変更可能だ。


気になるe-mobileの通信速度は、下りが7.2MB×36%くらいのようだ。


総じて、かなりの満足度。
Windowsの起動音がカーステから聞こえるのであります。笑





おしまい





当サイト内の文書・画像の一部または全部の無断転載を禁じます。
(C)yama 2006 all right reserved